グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2015年01月31日

デイトレ別館見学会開催のお知らせ

「デイトレ別館」 リニューアルオープンから1ヶ月・・・挨拶回りやご案内チラシ送付(「本館」の利用者様に同封)を通じて、少しずつ皆様に知っていただいているような実感があります。

おかげさまで、電話でのお問い合わせ、施設見学、体験利用の方が1月だけでも20名くらいになりました。「本館」に掲示されている大判ポスターを目にして、職員に尋ねたり、「別館のほうも進んでいるかい?良いことだね!」と励ましてくださる方が増えているそうです。

     

さて、2月には、新しい取り組みをさらにPRすべく、地域のケアマネジャー様向けの「見学会」を設定しました。入浴や食事の様子・リハビリの要望など、「本館」と比べるとかなり手厚い「個別ケア」の様子を直にみていただければ・・・と思います。

2/20(金)・23(月)・25(水)の3日間

午前の部=10:30~ 午後の部=13:30~ 約1時間予定

なお、機能訓練は本館所属の柔道整復師(マジシャンの経歴あり)が、巧みな手技と話術を活かして楽しく効果的に働きかけてくれます。

 

    

ケアマネの皆様、ご家族様、その他興味をお持ちの方は是非見学会に足をお運びください。もちろん、設定日以外のお問い合わせにも柔軟に対応いたします!

※お申し込みは下のPDFファイルより、「見学申し込み書」にて送信して下さい


「デイトレ別館見学会ご案内・申込書・施設案内」 は こちら


by 本館 後方支援係

  
  • LINEで送る


Posted by 日高デイトレセンター別館 at 15:21Comments(0)MWS日高の事業展開別館と本館の連携

2015年01月16日

「介護離職」に対応!


「介護離職」という言葉をご存知でしょうか?

当社が新たに始めた事業 「産業ソーシャルワーカー」 はまさに従業員の(家族)介護問題を救う試みです。

地域には様々な福祉サービスがあり、介護保険に頼らずとも長寿センターや公民館などの地域活動への自発的な参加も「介護予防」には効果があると言われます。

自ら進んで主体的に利用できる高齢者には恵まれた世の中になっていることは間違いありません。

しかし、家族が介護のために「離職」を考えるほどになるには、例えば「寝たきり」「重い病気」など、ご本人が受け身になりがちであったり、「認知症」などでサービスへの主体性がくみ取れない場合も多くあります。

そのような場合には、周囲の人(家族やスタッフ)がその人の立場になって考える「寄り添うケア」が必要だし、一人ひとり「個別ケア」も必要・・・・ご病気によっては「看取り介護・ターミナルケア」ということもあります。

(大規模型の本館ではなく・・・) デイトレ別館ならその点は自信があります!

当社が掲げる「産業ソーシャルワーカー」の成功のカギは「デイトレ別館」にある!そう考えてお受けいたします。

介護保険制度や相談援助にも精通したケアマネジャー複数名常駐という恵まれた環境。

ご見学・体験利用もお待ちしています!


       

<追記> 

肝心の新聞記事の画像が読めない?とお困りの方・気になる方は上毛新聞サイトへどうぞ!↓

増える介護離職 支援事業所に対応委託 

エムダブルエス日高社長 北嶋史誉



  
  • LINEで送る


Posted by 日高デイトレセンター別館 at 15:27Comments(0)MWS日高の事業展開

2015年01月12日

頭の体操*神経衰弱


今日もとんでもない涼しさですね
凍えそうな季節です

こんな日は冬のせいにして室内でぬくぬく過ごしたいですよね
ということで室内で楽しむ方法を試行錯誤で探してみた末、...
中々いいものが仕上がりました

写真をご覧ください

みての通り神経衰弱です
これがなかなか素晴らしい、うまくいくと自分の記憶力に自信が持てて面白くなってきますよね

これなら手軽に行えて、頭の体操になりそうです




  
  • LINEで送る


Posted by 日高デイトレセンター別館 at 17:23Comments(0)レクリエーション活動

2015年01月01日

リニューアルOPEN!


すでにご承知の方も多いと思いますが、1月より社内事業所の再編成に合わせて、「日高デイトレセンター別館」を開設しました。

入浴や食事・リハビリだけでなく、個々のレクリエーションプログラムまで、お一人お一人に合わせたサービスを提供できるよう、「個別ケア」「寄り添うケア」について、細かな配慮を必要とする(希望する)方に合わせたデイサービスをコンセプトとします。

従来の日高デイトレセンターは大規模・大人数・・・選択型プログラムを特長とした「次世代型」が評価を受けていますが、その本館(井野町)と別館(新保町)が両輪として利用者様に幅広いサービスを展開します。
  
介護保険制度のなかでは、サービスの併用は可能(要支援を除き)で、複数のサービスの良い点に着目して使い分けるのは「賢い利用者」でもあります。

私たち事業者とすると、自施設のお客様に最善のサービスを提供するのはもちろんですが、年齢や趣味嗜好・ADL・身体状況・ご病気・ニーズに合わせて、社内でドミナント型に施設を提案できることは社としてのスケールメリットが生まれるでしょう。

来週からご家族・ケアマネさん向けに営業(周知活動)を行っていきます。
ぜひご興味をお持ちの方はご見学・体験もおススメします。宜しくお願いします。

<PRチラシ>





  
  • LINEで送る


Posted by 日高デイトレセンター別館 at 21:14Comments(0)MWS日高の事業展開

2014年12月30日

今は地域密着です!

最近テレビや雑誌で都道府県に密着した記事をよく目にします。

やはりこれだけ自分の生まれ育った地域に愛着を持っている人が多いということでしょう。
群馬県はブランド力で全国ワースト3を北関東の栃木県と茨城県と争っていると聞きます。
群馬県は東京都にも近く温泉もあり、最近ではゆるキャラグランプリ第3位の『ぐんまちゃん』が全国を走り回り群馬県のよいところが少しずつ全国に知られるようになっています。
介護サービスでも『地域密着型○○○』というサービスもあります。

しかし地域のことを一番意識しだしたのは2012年の東日本大震災が発生してからではないでしょうか?

スーパーマーケットも地域密着で当事業所にもフレッセイ様の『フレッシー便』という移動スーパーが来て、買い物リハビリの一翼を担っています。
  
  • LINEで送る


Posted by 日高デイトレセンター別館 at 16:16Comments(0)MWS日高の事業展開

2014年03月08日

高崎市歌の存在知る

第1デイサービスセンターをご利用してくださっている方との会話です。

利『高崎市の歌って知ってるかい?』
私『???』
利『どこに住んでるの?』
私『高崎市ですが・・・』
利『高崎に住んでて知らないんかい』

皆さんは高崎市の歌というものがあることをご存知ですか?

私は生粋の高崎市民ではなく、市町村合併後に高崎市民になりましたので知りませんでした。

高崎市歌は1961(昭和36)年に、市制60周年を記念して制定しました。公募で、多くの応募作品のうちから、10代の塚田佳男氏・20代の黒崎親厚氏の作品が選ばれたそうです。なお、詞の補修は岡田刀水士氏が、旋律の補修・伴奏曲は浜欽哉・阿部延の両氏が担当したとのことで、明るくすがすがしい高崎市歌は、多くの市民に歌い継がれてきたと説明にありました。

そして歌詞が・・・

1.日に映ゆる 観音山に 青雲の 光り飛ぶ朝
 建設の 希望をかかげ こぞりたつ  市民ぞわれら
 燃えさかる いぶきあらたに わが高崎市  いざや担わん
2.晴れ渡る 北関東は 平和よび にじ立つところ
 躍進の 旗はためきて 人みなの 抱負はたかし
 盛りあがる 力を合わせ わが高崎市 振い興さん
3.花ひらく 文化つちかい 烏川 流るるほとり
 歌ごえも たかくあがれり 睦みあう 人の和きよく
 はつらつの 生気あふるる わが高崎市 ながく讃えん

高崎市の皆さんは小学校や中学校で習うのでしょうか?
知っている方は教えて下さい。

利用者様とのコミュニケーションの中で色々な勉強をさせていただきます。
本当に日々勉強です。

高崎市民の皆さん、回覧板に高崎市歌が掲載されていますので是非ご覧下さい


  
  • LINEで送る


Posted by 日高デイトレセンター別館 at 18:42Comments(0)

2014年03月07日

日々勉強です

日進月歩の介護は日々勉強です。

先日、施設見学をさせていただいた施設の方に紹介していただいた認知症ケアでオススメの書籍を第1デイサービスセンターでも購入いたしました。


認知症のケアに関わる様々なことを図解や説明が詳しく書かれている書籍で非常に分かりやすいものです。
身体的なケアの方法から、医療的なことや認知症に関係のある薬の説明まで書かれています。


認知症と一括りにしても、アルツハイマー型認知症など様々な認知症がありますし、対応方法や薬も様々ですので基礎的なことを学ぶためにも参考になります。

やはり私たちがサービスを提供する上で『学ぶ』ということは非常に大切ですし、学ぶ中から素晴らしいケアが生まれると思います。

この書籍を始として今後も認知症の勉強会や研修会にも参加していきたいと考えています。  
  • LINEで送る


Posted by 日高デイトレセンター別館 at 15:50Comments(0)

2014年03月05日

不思議な法則がある

ある日のラジオ投稿の話・・・

『世の中は全て78対22の割合で成り立っている』という法則があるようです。

ちょっと面白そうだったので調べてみました。
幾つか事実例が載っていたので紹介します。

1.人間の体は水分78パーセント、その他22パーセント。
2.コカコーラのビンは縦と横の比率が78対22。
3.空気中の成分は窒素78パーセント、酸素・二酸化炭素等その他の気体が22パーセント。
4.肺呼吸と皮膚呼吸の割合は78対22。
5.腸内の善玉菌が78パーセントに対して悪玉菌が22パーセントが理想的。
6.足裏の体重負荷率はかかと78対つま先22。
7.皮膚から出す水分(汗)と呼気で出す水分の比率78対22。
8.地球の海の割合は78パーセントに対して陸地22パーセント。
9.一般人とお金持ちの比率78対22。

ここに紹介したのは一部分ですが、世の中には多くのものが『78:22』みたいです。

空気中の成分や一般人とお金持ち、人間の体の水分の割合等々ちょっと興味深かったです!!

福祉の話に全くと言っていいほど関係ないですが、話題づくりの知識として覚えておいてはどうでしょうか?





  
  • LINEで送る


Posted by 日高デイトレセンター別館 at 19:12Comments(0)

2014年03月04日

編み物って楽しい!!

第1デイサービスセンターでは2月26日から作業療法の一環で『編み物』に取り組んでおります。

皆さん、編み物というのは体が覚えているようで、かぎ針を持ったらすぐに作業療法スタートです。
スタッフと会話をしながらリラックスした環境で編み物療法を行っています。

編み物療法を見ていると、一定の編み込みに見入ってしまい時間が経つのも忘れてしまいます。

毛糸は日高在宅療法支援センターショートステイの〇田先輩からのご好意で頂いたものです。
先輩、たくさんの毛糸ありがとうございます!!


今、製作しているのは『レッグウォーマー』です。
寒い冬にはピッタリで、とても暖かそうなレッグウォーマーがどんどん編みあがっていきます。


写真は2月26日(水)の編み物療法初日の様子で、編んでいる時も楽しそうにスタッフと談笑しながら作業療法に取り組まれていました。

2日目は片方の部分がレッグウォーマーの形を現しました。
この先の部分は色が変更になる予定ですが、この黄土色の毛糸も非常に綺麗な色をしています。




3日目には対になるもう片方のレッグウォーマーの形が現れました。
とても早いペースと綺麗に編み込まれたレッグウォーマーに驚きです!!


リラックスした環境の中で取り組んでいる編み物療法は、身体や精神的な負担も少なく休みながら、また談笑しながら行っていただいております。

そして『レッグウォーマー』という素晴らしい作品が残り、自分はまだまだ出来ると自信を持って生活をする成功体験を積むことができます。
手先のリハビリだけに留まらず、精神的にもプラスになるのがこの『編み物療法』の大きなメリットです。

第1デイサービスセンターでは今、『脱・転倒体操』に続いて『編み物療法』が大流行の予感です。
日中、ホール内のあちらこちらで笑い声と編み物に取り組む姿が見られます。

順次完成しましたら紹介させていただきます。
  
  • LINEで送る


Posted by 日高デイトレセンター別館 at 18:42Comments(0)レクリエーション活動

2014年03月03日

カレーライス

昨日は第26回介護福祉士国家試験 実技試験が全国の会場で行われました。

第1デイサービスセンターのスタッフも挑戦されました。

どのような問題が出題されたのかというと…

『遠藤ミツさん(80歳)は、2か月前に視力を失い、生活全般に一部介助を必要としています。遠藤さんは、食事に行く準備を整え、身だしなみを気にしています。居室のいすに座っている遠藤さんを食堂まで歩行介助してください。そして、遠藤さんが食卓について、スプーンを持つまでの介助をしてください。本日の献立は、カレーライスです。
遠藤さんの返事は、「はい」または、うなずくだけです。
(モデルは、アイマスクを着用しています。)

(試験時間は5分以内です。)

という問題でした。

この5分以内に身だしなみを整えて、食事をするために居室から食堂まで歩行介助をする。介助者の立ち位置はどうか、声かけはどのようにするか、身体状況は視力を失っているという状況で、私が受験者だったら頭が真っ白になってしまいそうです。

しかも昼食のメニューは服が汚れやすい『カレーライス』ときました。

普段の仕事での介助でしたら、安全・安楽・自立の部分を考えて冷静に行えると思いますが・・・

見事一次試験を合格されて二次試験を受験された皆さん、本当にお疲れさまでした。

再び3月27日に『サクラサク』便りが来ることを祈っております。


しかしカレーライスとは・・・





  
  • LINEで送る


Posted by 日高デイトレセンター別館 at 18:51Comments(0)徒然・雑感いろいろ

2014年03月01日

今日から3月・・・

早いもので2014年がスタートして2ヶ月が経ちました。

2月はソチオリンピックもありましたが、何と言っても『雪』の一言に尽きます。
2週に亘っての大雪に『もう当分雪は見たくない』と思いました・・・

この28日という短い期間でしたが、一生記憶に残る1ヶ月だったのではないでしょうか?

第1デイサービスセンターでは15日と17日の2日間、大雪のためお休みをいただきました。
私は入社して初めて自宅待機を経験しました。
自宅待機しなければならないほど雪が降ったということですが、自宅の周辺は私の腰丈まで積もりました。
お店から品物が消えるといった現象も起き、場所によっては何日も車中泊も出ました。

雪かき雪かきの連続で、雪かきのスコップ捌きもかなり上達したように感じます。

普段、話さない近所の人とも話す機会もあり大雪のお陰で意外なところでコミュニケーションをとることができました。

雪のため『孤立集落』という言葉をニュースで耳にしましたが、我が家もまさしく孤立集落で16日の夕方に除雪用の重機を目にした時は、子供のように『ヤッター!!』とはしゃいでしまいました。

百数十年ぶりの大雪だったようですが、記録に残っていないぐらい降った大雪を体験できたことは今後の人生に役立つと思います。

17日はデイサービスは休業でしたが、翌18日の営業に備えスタッフ7名で雪かきをしました。
今回の雪は水分を多く含んでいた雪だったようで、近所のカーポートはほとんど壊れており雪かきの作業もかなりの重労働でした。
朝8時から雪かきを始めましたが、想像以上に雪かきの範囲は広く終わったのは15時過ぎでした。

ここでもご近所パワーがあり、初めてお会いするご近所の方が親子で雪かきを手伝ってくださいました。
やはり日本人は真面目で思いやりのある人が多いのだと感じました。

被害も多かった今回の大雪でしたが、気付かされたことも多かったです。

雪かきの最後にはスタッフ一同で記念撮影してこの日の業務を終了しました。

充実感に満ち溢れたスタッフの素敵な笑顔をご覧ください。








  
  • LINEで送る


Posted by 日高デイトレセンター別館 at 14:45Comments(0)

2014年02月22日

最初のサクラサク!!

先月1月26日に行われた介護福祉士国家試験の一次筆記試験の合格発表がありました。

筆記試験に合格した方が二次実技試験に進めますが、見事第一デイサービスセンターのスタッフは一次筆記試験を突破されました!!

次は3月2日の二次実技試験です。

日頃の業務での介護技術を活かして『介護福祉士』の資格を勝ち取ってください!!

第1デイサービスセンタースタッフ一同応援しています!!


  
  • LINEで送る


Posted by 日高デイトレセンター別館 at 18:38Comments(0)

2014年02月19日

僕達にはフレッシー便

先週末の前橋73センチの積雪の大雪の影響は出ており、物流関係にも大きな影響が出ているようです。
物流といってもよく分かりませんでしたが、品物が運べなく滞ってしまうと、私たち消費者の手元に来ないのだということを身近に起きてよく分かりました。
我が家の食材も底が見え始めたので昨日、藤岡市にあるスーパーマーケットに買出しに行きました。

野菜95%無し、カップめん無し、スナック菓子無し、パン無し、納豆・豆腐無し・・・

買い物になりませんでした・・・

雪でなかなか外出できず、近くにお店も無ければ遠いお店まで買いに行かなければならない・・・
やっとの思いでお店についても食材は無し・・・

食べるものだけは必要です。

当社のサービスの一つとして『フレッシー便』という県内スーパー『フレッセイ』様と提携した買い物リハビリを行っております。

簡単に言いますと『動くフレッセイのお店』です。
マイクロバスが移動販売車に改造されています。

値段は店舗と同じでポイントもつきます。
商品アイテムも食材から日用品まで充実、惣菜や冷凍食品もあります。
フレッシー便に無いものは注文も出来ます。

購入商品の金額を計算することは脳を活性化するリハビリです。
自分の家に無いものや食事のメニューを考えることも脳を活性化するリハビリです。
階段を昇って、歩いてフレッシー便で買い物をしていただきますが歩行訓練も兼ねられます。

全てがリハビリであり、もう一つが今話題の『買い物弱者』対策です。

今、まさに大雪の関係で多くの買い物弱者がいるのではないでしょうか?
フレッシー便には品切れはありませんので食料品も購入できます。

雪で家から出られない方や雪道の車の運転は怖いという方、デイサービスを利用されるときに買い物をしてはいかがでしょうか?

フレッシー便は月曜日から金曜日まで10時から10時30分まで第1デイサービスセンターに滞在いたします。
ご家庭で切らしてしまっているものがありましたら、リハビリついでにフレッシー便をご利用ください。




  
  • LINEで送る


Posted by 日高デイトレセンター別館 at 19:13Comments(0)買い物リハビリ

2014年02月13日

ペンギンの精神

先日読んだ本の中に興味深い内容がありましたので、紹介させていただきます。

皆さんは『ファーストペンギン』って知っていますか?

ペンギンは氷上で群れをなし穏やかに暮らしているように見えますが、餌の小魚を取る時は命懸けだそうです。
海中にはトドやシャチがおり、どんな天敵が待ち構えているかわからないので、海に飛び込むには非常に勇気がいるのだとか・・・
水辺で列を成し、あたかも海中に飛び込むのを譲り合うかのように足踏みをするそうです。

そんな停滞感を破り、まず飛び込む1羽が『ファーストペンギン』と呼ばれています。
この飛び込んだ仲間を目にしたとたん、せきを切ったように一斉に飛び込んでいきます。

1羽目は天敵に襲われる危険性が非常に高いですが、この1羽がいるからこそ群れ全体は生き永らえることが出来るのです。

『ファーストペンギン』という言葉は英語の慣用句でもあり、恐れを知らずに未知の分野に挑む人を指すそうです。

脳科学者の茂木健一郎によると、ペンギンは飛び込む瞬間、不安・恐怖・喜びなどの感情がフル回転するのだそうで、人間も決断・判断を迫られて不確実(不可能)な未来に立ち向かうことで脳は発達するのだそうです。


いわば当社も福祉業界の『ファーストペンギン』ではないでしょうか?

自分もファーストペンギンの一員ということを自覚して、新しいサービスに挑戦したいと思います。


  
  • LINEで送る


Posted by 日高デイトレセンター別館 at 13:40Comments(0)

2014年02月12日

待望のメダル獲得!!

8日に開幕したソチオリンピックは毎日熱戦が繰り広げられています。
ソチと日本の時差は5時間なので、それほど寝不足にならないと思いましたが少々寝不足気味です。

日の丸日本の滑り出しは予想以上に厳しいものと感じております。
フィギアスケート団体が5位・・・
スピードスケート500Mもメダル獲得ならず・・・
スキージャンプの男女でもメダルなし・・・

今回のソチオリンピックではメダル無しかと思っていましたが、来ましたメダル獲得!!
しかも銀と銅の2個!!
若い15歳と18歳の中学生と高校生!!

スノーボードの選手はイメージ的にチャラチャラキャラでちょっと・・・
と思っていた人がいたかもしれません。
私もスポーツマンらしくない身なりや格好にあまり競技自体見ていませんでした。

しかしそれは勝手な自分の想像でした。
選手の皆さんは技の一つ一つを真剣にストイックに見つめている立派なスポーツマンなのだと知りました。
それを15歳と18歳でプロとしてスノーボード競技に取り組んでいるのだからめちゃくちゃ立派だと思います!!

プレッシャーも無く伸び伸びと楽しく滑れたのが勝因と二人ともインタビューに答えていました。

史上最年少のメダリストになった平野選手の大人顔負けの力強い滑りと技は圧巻です。

スノーボード最高!!

まだソチオリンピックは始ったばかりです。
これから注目の競技も始ります。

ガンバレ日本!!

まだまだ寝不足の日は続きそうです。


  
  • LINEで送る


Posted by 日高デイトレセンター別館 at 13:39Comments(0)

2014年02月07日

ソチオリンピック開幕!!

明日からロシア南部のソチでスポーツの祭典、第22回冬季オリンピックが開幕します!!
今夜の20時14分(日本時間の8日1時14分)から開会式が行われます。
20時14分から開会式が行われるのは今年の西暦とかけているのだとか・・・

日本と時差が5時間なのでまた寝不足の日が続きそうです。
しかし昼間の競技が多いみたいなので5時間の時差でしたら大丈夫でしょうか?

日本選手団は248名と過去最多で選手も男子48名、女子65名で金メダルを狙います。
競技数は7競技98種目と競技数が案外少ない印象ですが、どの競技も日本人選手が熱戦を繰り広げてくれるでしょう!!

日本勢ではスキージャンプの高梨沙羅選手や葛西紀明選手、フィギュアスケートの浅田真央選手や羽生結弦選手や高橋大輔選手の金メダル獲得が期待されています。

侮れないのが『カーリング』で毎回メダル争いを繰り広げており、今回も活躍してくれることでしょう。

個人的に頑張ってもらいたいのがモーグルの上村愛子選手です。
年齢が同じで高校のときから第一線で活躍していました。オリンピックではいつも里谷多英選手の陰に隠れメダルまでは届いていませんが、34歳というベテランの技でメダルを獲得して欲しいです。

まだまだ注目する競技、選手はいますが内容がスポーツのブログになってしまうので、この辺りでそろそろ・・・

皆さんで応援しましょう!!

ガンバレ日本!!


  
  • LINEで送る


Posted by 日高デイトレセンター別館 at 19:44Comments(0)

2014年02月05日

白銀の世界in高崎

昨日は午前中から雪が降りましたが、午後には晴れて第1デイサービスセンター周辺では雪が積もることはありませんでした。

雪が降って嬉しかったのは子供の時だけで、大人になった今では雪が降ると寒いし、道に残った雪は凍って滑るし、道路は交通渋滞が起きるので非常にありがたくないモノになっています。

ニュースでも群馬県の南部地域は、それほどひどくない降雪だったので安心して帰宅しました。

しかし同じ高崎市でも場所によって降雪量が違うようです。

雪が降った時の帰宅途中の難所が『南陽台』という団地の坂道です。

ここは危ない・・・

雪が積もると道が凍って滑るんです!!

自宅に近づくにつれて周りの山々は雪化粧の風景が広がり、歩道にも明らかに雪が積もっていました。

我が家の周りも白銀の世界でした!!



今日も日本列島が寒波に覆われている関係で、朝から気温が低くなっています。
今朝はこの冬の最低気温を更新したようです。

群馬県ではインフルエンザ等の流行性感染症が流行っています。
手洗いうがいを基本にして予防しましょう。

  
  • LINEで送る


Posted by 日高デイトレセンター別館 at 13:14Comments(0)

2014年02月04日

大好評『脱・転倒体操』!

第1デイサービスセンターでは毎日13時40分から14時10分までの30分間『脱・転倒体操』という体操を行っております。

当センターfacebookでは度々紹介させて頂いておりますが、ブログで紹介しておりませんでしたので紹介させて頂きます。

始まりは昨年8月、利用されている皆さんから『転倒してしまった』との声を多く聞き『転倒しない生活を送ることによって日常生活の楽しさを倍増していただこうというコンセプトのもと始りました。
当社スポーツトレーナーとの協力で、転倒防止のための上肢筋力・下肢筋力・体幹バランスを鍛えていくという体操メニューとなっております。


当初は新しい体操ということもあり戸惑いもあったようですが、徐々に慣れていただきました。
今では第1デイサービスセンター=脱・転倒体操ということで実施しております。

脱・転倒体操の内容も他の体操と違い、日常生活の動作を体操にしているということが言えます。
例えば『窓拭きをする動作』や『洗濯物を干す動作』、『台の上にある物を取る動作』等々体に染み付いた動きを体操にしています。

体操の成果は顕著に現れておりご本人様からは『転んでしまった』、ご家族様からは『転倒が多くて困っています』といった話しは徐々に聞かれなくなり、今では転倒はありません。

スポーツトレーナーが中心となって行っていた『脱・転倒体操』も現在では第1デイサービスセンターの介護スタッフが主体となり行っております。


脱・転倒体操の様子は、今後この場でも紹介させて頂きます。

ご興味のある方は、見学や体験利用も行っておりますのでお気軽にお問い合わせください。
  
  • LINEで送る


Posted by 日高デイトレセンター別館 at 11:59Comments(0)

2014年02月03日

マナー・接遇は大事!!

昨日は久しぶりに家族揃って焼肉屋さんに食べに行くことになりました。
次男も最近は首がしっかりと据わり、どこに行くのにも前ほどは手がかからなくなったので外食です。
長男がお肉が食べたいというので焼肉屋さんにGO!!

場所は高崎インター近くの焼肉屋さんで、お昼の時間帯に行ったので混んでおり4組が待っていました。

待合室で待つこと40分・・・
なかなか案内されず親子でイライラ・・・
何気なくトイレに行く途中店内を見ると半分以上が空席・・・

想像するに店員が不足しているため、客を制限しているようでした。

結局は散々待ったあげく焼肉を食べることなく帰ってきてしまいました。
せっかく楽しみにしていた外食だったのに、おかげでイライラしただけでした。

混んでいるので美味しいのかもしれないですが店員の態度が最悪!!

改めてサービスの根本は『マナー』『接遇』であると身をもって感じました。

当社の『マナー・接遇』の勉強会でもありましたが、クレームに関して言って下さるお客様は一握りだそうです。
今回の件も、この焼肉屋さんには何も言いませんでした。

ただ心の中で二度と来ないとは思っています。

どんなに美味しい料理を出すお店でも、他にないサービスをしているお店でも店員次第で最高にもなるし最低にもなると思います。

第1デイサービスセンターを利用してくださる方にも、今回のようなことがないよう自分自身改めてサービスや接遇、マナーを総点検したいと思います。


  
  • LINEで送る


Posted by 日高デイトレセンター別館 at 14:58Comments(2)

2014年02月01日

高崎って・・・

我が町、高崎って○○の街とフレーズがあるみたいです。

パスタの街・・・
機関車の街・・・
音楽の街・・・

その中でも『映画の街高崎』は全国的に知られているそうです。

毎年、3月に開催される『高崎映画祭』は今年で28回目を迎える日本でも歴史ある映画祭で映画関係者も一目置いているそうです。
映画祭だけでなく映画のロケ地としても高崎市は有名で、高崎市役所や日高リハビリテーション病院近くの工場は映画の撮影で多く使われています。

なぜ高崎市で多くの撮影が行われるのか?

理由は幾つかあり『一つ目は新幹線で1時間、高速で2時間という東京からのアクセスが良いということ』『二つ目は高崎市が積極的に撮影を誘致していること』があげられます。
高崎市観光課内に高崎フィルム・コミッションという製作側の撮影場所の希望を調整する窓口を置いていることが特徴です。

自分の住んでいる町が映画やテレビドラマに出てきたら、自然と嬉しくなってします!!

私も高校生の時『北京原人who are you?』という映画にエキストラで出演したことを思い出しました。
映画的にはイマイチだったみたいですが、映画に出られたことと芸能人を見ることができたことと、謝礼がもらえて嬉しかったことを今でも鮮明に覚えています。

もしかしたら当社の事業所で映画やテレビドラマの撮影で使われたりして・・・

ついつい『○○な街』の話題から想像しすぎてしまいました。

でも現実になったら観光スポットかもしれませんね。


  
  • LINEで送る


Posted by 日高デイトレセンター別館 at 20:14Comments(0)